Nanaka翻訳オフィスHOME
価格表
翻訳の流れ・納期
翻訳のご依頼方法
よくいただくご質問
お客様の声
お取引実績
翻訳者紹介

タイ語翻訳

タイ語ネイティブ翻訳者、タイ在住の日本人翻訳者による最高品質のタイ語翻訳をお届け致します。

当所のタイ語翻訳者は、タイの大学で教えている現役の教員や、タイ在住で通訳、翻訳者として豊富な経験を積んでいる日本人翻訳者たちで構成しております。日本企業のタイへの進出がめざましい今日、タイ語の翻訳の需要は増えつつあります。一般文書から専門分野まで、翻訳実績が豊富な翻訳スタッフたちが、お客様が満足できる最高品質のタイ語翻訳をご提供いたします。どうぞお気軽にお問い合わせください。

タイ語は、
人口約6千万のタイ国の公用語です。

日本語→タイ語翻訳料金 » タイ語→日本語翻訳料金 » 英語⇔タイ語翻訳について »
タイ語翻訳者の紹介 » タイ語の翻訳実績 » タイ語の豆知識 »

大量の翻訳、定期的な翻訳依頼は割引に応じますので、お気軽にご相談ください。

日本語→タイ語 翻訳価格表(税別)

翻訳分野 1文字 100文字
一般文書 11円 1,100円
コンピューター・IT 関連 13円 1,300円
機械・産業技術関連 13円 1,300円
金融・証券・経済関連 13円 1,300円
土木・建築関連 13円 1,300円
カタログ・広告文等 13円 1,300円
その他人文・社会科学系 13円 1,300円
その他自然科学系 13円 1,300円
法律・契約・特許関連 15円 1,500円
医療・薬品関連 15円 1,500円
* ミニマムチャージは5,250円になります。ただし、戸籍謄本のミニマムチャージは3,150円、
各種証明書は3,150円となります。
* 翻訳証明書は無料で発行致します。
* 上記のお値段はタイ語ネイティブチェック込みのお値段です。
* 戸籍謄本の詳しい依頼方法は、こちらの戸籍謄本をご参照願います。

大量の翻訳、定期的な翻訳依頼は割引に応じますので、お気軽にご相談ください。

タイ語→日本語 翻訳価格表(税別)

翻訳分野 1文字 100文字
一般文書 6円 600円
コンピューター・IT 関連 7円 700円
機械・産業技術関連 7円 700円
金融・証券・経済関連 7円 700円
土木・建築関連 7円 700円
カタログ・広告文等 7円 700円
その他人文・社会科学系 8円 800円
その他自然科学系 8円 800円
法律・契約・特許関連 8円 800円
医療・薬品関連 8円 800円
* ミニマムチャージは5,250円になります。ただし、戸籍謄本のミニマムチャージは3,150円、
各種証明書は3,150円となります。
* 翻訳証明書は無料で発行致します。
* 戸籍謄本の詳しい依頼方法は、こちらの戸籍謄本をご参照願います。
* 企業情報、個人情報は徹底的に管理、保護しお客様に安心したサービスを提供できるよう取り組んでいます。
「守秘義務契約書」を希望のお客様はおっしゃってください。

英語⇔タイ語の翻訳につきましては、1ワード22円~で承っております。

タイ語翻訳者の紹介

タイ語翻訳者プロフィール  匿名

1990年後半よりタイ在住。2004年よりフリーランスで日タイ通訳・翻訳を請け負っています。通訳では商談、会議、客先訪問を主に手がけていますが、近年は日本政府の環境系のFS案件が多くなっています。翻訳では日本語からタイ語へ、タイ語から日本語への翻訳が可能です。幅広い分野での実績があり、またタイ人の翻訳仲間がおりますので、タイ語訳の場合は必ずネイティブチェックを入れて、質の高い翻訳をお届けすることが可能です。

タイ語の翻訳実績

契約書、マニュアル、保安関連文書、パンフレット、ビジネスレター、戸籍謄本 etc…

タイ語の豆知識

■文字表記

 インド系のタイ文字を使用し、ローマ字と同じように左から右へ書きます。子音字が42個あり、母音字と組み合わせて使います。中国語と同じく、声の「上がり調子」「下がり調子」等で意味を区別する声調言語で、声調記号を文字の上に付記します。
 言語としての歴史が長い上、数多くのインド系外来語を、本来の綴りのままで発音しやすく読み替えているため、文字と発音の関係がかなり複雑になっています。

■標準語と方言、他言語との関係

 ラオスの公用語ラオ語と非常に近い関係にあり、ラオス人の多くがタイ語を理解できます。

■日本とのかかわり

 タイ料理店の普及等で、日本でもタイ文字を目にする機会が増えました。タイは東南アジア主要国の一つで、多くの日本企業が工場を置いており、市場規模も大きいことから、ビジネス面での重要性が今後も続くと期待されます。

このページの上へ


翻訳サービス
翻訳言語
翻訳専門分野
Nanaka翻訳オフィスとは?