Nanaka翻訳オフィスHOME
価格表
翻訳の流れ・納期
翻訳のご依頼方法
よくいただくご質問
お客様の声
お取引実績
翻訳者紹介

論文翻訳

 私共、Nanaka翻訳オフィスは現役の研究者をはじめ、あらゆるジャンル、言語での翻訳実績が豊富な、有能な翻訳者たちの集団です。特に論文翻訳は博士号取得者、自身の執筆論文が雑誌に掲載経験のある翻訳者など、論文のプロフェッショナルたちが丁寧に翻訳致します。博士号取得者は文系、理系ともにNanaka翻訳オフィスの翻訳者として在籍しております。

 研究者による翻訳文は、お客様の心に深く響くものになることでしょう。当オフィスに翻訳を依頼された大学教員の方からのご感想も是非ご覧ください。

論文翻訳者の紹介 » 大学教員の方からの依頼のご感想 » 論文翻訳料金のご案内 »

論文翻訳者の紹介

翻訳者プロフィール   末次 圭介
東京大学大学院修士課程修了、現在博士課程在学中。

フランスのパリ政治学院およびストラスブール大学大学院(DEA:修士相当学位取得)に留学経験があります。英和、和英、仏和、和仏翻訳のいずれにも対応しています。
英検1級、仏語検定1級、TOEIC865点保持。

約10年前より主にフリーランスで翻訳・通訳を手掛けてきました。
JICAなどの国際協力・開発関連、著作権(音楽著作権等)関連、法律・契約書、IT、環境関係(環境認証、水、林業、温暖化対策、リサイクルなど)、製品取扱説明書やウェブサイト(会社概要など)などの翻訳経験が豊富です。
この他当社では法廷翻訳(戸籍謄本・在職証明書など)、ビジネスレターなどの翻訳も数多く担当しています。また、現在アシェット社の分冊百科『古の時計』の翻訳を毎号担当しており、時計関連の翻訳を得意としています。

大学院での研究経験を生かし、学術論文の翻訳も経験があります。
「公共哲学座談会」(和英)、「自動車衝突実験報告」(英和)、「フランスのソーシャルワーカーの歴史」(仏和)、「フランスの都市交通」(仏和)などの論文、フランスの原子力安全報告書(仏和)、フランスの刑事政策に関する報告書(仏和)などの翻訳経験があります。

これまでに以下の論文を自ら執筆しました。翻訳のほか、論文執筆のアドバイス、校正などが必要な際にもぜひご連絡いただけると幸いです。

  • 「『ボルドー裁判』を巡る対立構造およびその背景に関する考察」、『年報 地域文化研究』、第9号、pp116-137、2006年
  • 「アルザスにおけるエピュラシオン その推進と抑制の論理」、『Resonances』、第4号、pp152-159、2006年
  • 「第二次世界大戦中のアルザス自治主義者の役割および自治主義者に対するエピュラシオン」、『Resonances』、第5号、2007年

通訳については、商談・レセプションや公共機関などでの英語・仏語逐次通訳のほか、JICE(日本国際協力センター)研修監理員(仏語)として国際協力関連の通訳に携わっています。

大学教員の方からの依頼のご感想

■依頼者:愛知県 私立大学教員 ■依頼内容:教育論文の独日訳

ご感想:翻訳文をざっと読ませていただきました。お願いしてよかった!と心から思っております。大変わかりやすく、明快な翻訳に、感服いたしました。
またお願いすることがあると思いますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

■依頼者:石川県 国立大学教員 ■依頼内容:人文系論文の独日訳

ご感想:メールの翻訳が主であるが、多忙で下訳が欲しかった際、論文等の独文和訳を二度依頼したことがある。いただいた翻訳文は下訳以上の適確なものであり、大変助けられたことを記憶している。翻訳の適確さ、時間厳守、適正な価格などを御社の長所と考えており、長くお付き合いさせていただいている。

論文翻訳料金のご案内

翻訳分野 外国語→日本語訳 日本語→外国語訳
論文翻訳 原稿1Wあたり16円~ 日本語原稿1文字あたり12円~

論文の各専門分野別のページ

医学・歯学・薬学論文 » 福祉・介護・看護論文 » 理・工・農学論文 »
社会科学論文 » 人文科学論文 »  

このページの上へ


翻訳サービス
翻訳言語
翻訳専門分野
Nanaka翻訳オフィスとは?