Nanaka翻訳オフィスHOME
価格表
翻訳の流れ・納期
翻訳のご依頼方法
よくいただくご質問
お客様の声
お取引実績
翻訳者紹介

英語翻訳

博士号取得者、英検1級保持者の日本人翻訳者、日本語能力試験1級保持者の英語ネイティブ翻訳者による、最高品質の英語翻訳をお届け致します。

当所の英語翻訳者は、大学院での博士号取得者で尚且つ日本人翻訳者は実用英語技能検定1級保持者で、TOEICも900点以上を保持しております。また英語ネイティブ翻訳者は、日本語能力試験1級保持者で、翻訳実績も何十年も多岐にわたる豊富な実績を持った翻訳者たちが揃っております。最高の翻訳スタッフたちが、お客様が満足できる最高品質の英語翻訳をご提供いたします。私どもは、安心と信頼をお客様にお届け致します。

英語は、
現在の世界で国際共通語として、他の追随を許さない、圧倒的な影響力を持っている言語です。世界最大の経済規模を持つ米国のほか、英国、カナダ、豪州、ニュージーランド、アイルランド、その他英米と歴史的に関係の深いアジア・アフリカ・オセアニア諸国等を含めて4-5億人前後が使用しています。外国語として英語を使う人口を合わせると、数はさらに膨らみます。6つある国連公用語の一つです。

日本語→英語翻訳料金 » 英語→日本語翻訳料金 » 英語翻訳者の紹介 »
英語の翻訳実績 » 英語の豆知識 »  

大量の翻訳、定期的な翻訳依頼は割引に応じますので、お気軽にご相談ください。

日本語→英語 翻訳価格表(税別)

翻訳分野 1文字 100文字
一般文書 7円 700円
コンピューター・IT 関連 12円 1,200円
機械・産業技術関連 12円 1,200円
金融・証券・経済関連 12円 1,200円
土木・建築関連 12円 1,200円
カタログ・広告文等 12円 1,200円
その他人文・社会科学系 12円 1,200円
その他自然科学系 12円 1,200円
法律・契約・特許関連 14円 1,400円
医療・薬品関連 14円 1,400円
* ミニマムチャージは5,250円になります。ただし、戸籍謄本のミニマムチャージは3,150円、
各種証明書は3,150円となります。
* 翻訳証明書は無料で発行致します。
* 上記のお値段は英語ネイティブチェック込みのお値段です。
* 戸籍謄本の詳しい依頼方法は、こちらの戸籍謄本をご参照願います。

大量の翻訳、定期的な翻訳依頼は割引に応じますので、お気軽にご相談ください。

英語→日本語 翻訳価格表(税別)

翻訳分野 1word 100word
一般文書 8円 800円
コンピューター・IT 関連 16円 1,600円
機械・産業技術関連 16円 1,600円
金融・証券・経済関連 16円 1,600円
土木・建築関連 16円 1,600円
カタログ・広告文等 16円 1,600円
その他人文・社会科学系 18円 1,800円
その他自然科学系 18円 1,800円
法律・契約・特許関連 22円 2,200円
医療・薬品関連 22円 2,200円
* ミニマムチャージは5,250円になります。ただし、戸籍謄本のミニマムチャージは3,150円、
各種証明書は3,150円となります。
* 翻訳証明書は無料で発行致します。
* 戸籍謄本の詳しい依頼方法は、こちらの戸籍謄本をご参照願います。
* 企業情報、個人情報は徹底的に管理、保護しお客様に安心したサービスを提供できるよう取り組んでいます。
「守秘義務契約書」を希望のお客様はおっしゃってください。

英語翻訳者の紹介

英語翻訳者プロフィール 多田卓

大学院博士課程修了(地球物理学)。2010年インタースクール東京校会議通訳コース(英語)本科修了。
パリでの在外研究員、大学助手等を経て2010年からフリーランス翻訳を本格開始。
2011年より大手新聞社にてニュース記事の英訳に従事のかたわら、フリーの活動を継続。
英日、日英、英文校閲、韓日、露日、露英で翻訳実績があり、仏日も可能。中・西・ポーランド語にも中級修了程度の心得があり、多言語知識の豊富さに自信があります。
1992-93年ロシア語ボランティア通訳。1995年BABEL翻訳奨励賞韓日部門優秀賞。2004年『韓国語ジャーナル』誌の読者紹介記事に登場。
科学、医学、特許、財務、法務、証明書など幅広い分野に対応実績があります。
保有資格:
TOEIC 985点、英検1級、韓国語能力試験6級、ハングル検定(旧)準1級、翻訳実務士5級(露文和訳4級)、仏検準1級、中検3級、TECC 486点、HSK(旧)5級(聴力3級、語法7級、閲読8級、綜合8級)

英語の翻訳実績

各種契約書、各種論文、特許明細書、ホームページ、パンフレット、マーケティング文書、プレゼン資料、商品取扱説明書、ビジネスレター、戸籍謄本、各種証明書(婚姻届、婚姻届受理証明書、住民票、出生証明書、出生届受理証明書、成績表、卒業証明書、在職証明書等)、医療カルテ、遺言状、判決謄本、社内規約、決算書、アニュアルレポート、賃借対照表、財務諸表 etc…

英語の豆知識

■文字表記

 言語としての歴史が長く、途中で発音が変化したり、多くの外来語を受け入れてきたため、文字と発音の関係が非常に複雑になっています。英語では、単語ごとに辞書を引いて読み方を確認し、覚えなければなりませんが、このような言語は世界の中でも少数派です。

■標準語と方言、他言語との関係

 もともと英国の言葉ですが、米国の英語人口が数でも経済力でも圧倒するようになったため、英国式と北米式の英語が規範としてほぼ両立しています。もっとも差異は発音や一部の仮名遣い・語彙等に限られ、標準語は世界共通と考えられます。
 他にも豪州英語、ニュージーランド英語等の方言があります。インドやシンガポールのように、英語を第二言語として使用する中で、独自の英語が発達した地域もあります。

■日本とのかかわり

 日本では江戸末期の開国直後から、オランダ語に代わって西洋語の代表格と考えられるようになり、ほどなく「外国語と言えば英語」というほどの確固たる地位を得ました。学校教育で必修とされ、広告や大衆文化等でも、受け手が英語を知っていることを当然の前提として、日本語の中に広く英語が混用されています。
 中・韓・欧州各国など、英語を公用語としない国々との交流でも「お互いの負担が一番少なくて済む国際共通語」として、英語を用いる場合が多いです。

このページの上へ


翻訳サービス
翻訳言語
翻訳専門分野
Nanaka翻訳オフィスとは?