Nanaka翻訳オフィスHOME
価格表
翻訳の流れ・納期
翻訳のご依頼方法
よくいただくご質問
お客様の声
お取引実績
翻訳者紹介

スペイン語翻訳

スペイン語ネイティブ翻訳者による、最高品質のスペイン語翻訳をお届け致します。

当所のスペイン語翻訳者は、日本語能力試験1級を持っているスペイン語ネイティブ翻訳者や、大学でスペイン語を専攻し、多分野において豊富な翻訳実績のある日本人スペイン語翻訳者など、有能な翻訳者が揃っております。お客様が満足できる最高品質のスペイン語翻訳をご提供いたします。どうぞお気軽にお問い合わせください。

スペイン語は、
スペインと中南米の広い範囲等で4億人前後が使用しています。米国でもスペイン語系「ヒスパニック」人口が15%を超えるなど勢いがあり、世界で影響力を増しています。国連公用語の一つです。

日本語→スペイン語翻訳料金 » スペイン語→日本語翻訳料金 » 英語⇔スペイン語翻訳について »
スペイン語翻訳者の紹介 » スペイン語の翻訳実績 » スペイン語の豆知識 »

大量の翻訳、定期的な翻訳依頼は割引に応じますので、お気軽にご相談ください。

日本語→スペイン語 翻訳価格表(税別)

翻訳分野 1文字 100文字
一般文書 9円 900円
コンピューター・IT 関連 14円 1,400円
機械・産業技術関連 14円 1,400円
金融・証券・経済関連 14円 1,400円
土木・建築関連 14円 1,400円
カタログ・広告文等 14円 1,400円
その他人文・社会科学系 14円 1,400円
その他自然科学系 14円 1,400円
法律・契約・特許関連 16円 1,600円
医療・薬品関連 16円 1,600円
* ミニマムチャージは5,250円になります。ただし、戸籍謄本のミニマムチャージは3,150円、
各種証明書は3,150円となります。
* 翻訳証明書は無料で発行致します。
* 上記のお値段はスペイン語ネイティブチェック込みのお値段です。
* 戸籍謄本の詳しい依頼方法は、こちらの戸籍謄本をご参照願います。

大量の翻訳、定期的な翻訳依頼は割引に応じますので、お気軽にご相談ください。

スペイン語→日本語 翻訳価格表(税別)

翻訳分野 1word 100word
一般文書 11円 1,100円
コンピューター・IT 関連 18円 1,800円
機械・産業技術関連 18円 1,800円
金融・証券・経済関連 18円 1,800円
土木・建築関連 18円 1,800円
カタログ・広告文等 18円 1,800円
その他人文・社会科学系 20円 2,000円
その他自然科学系 20円 2,000円
法律・契約・特許関連 22円 2,200円
医療・薬品関連 22円 2,200円
* ミニマムチャージは5,250円になります。ただし、戸籍謄本のミニマムチャージは3,150円、
各種証明書は3,150円となります。
* 翻訳証明書は無料で発行致します。
* 戸籍謄本の詳しい依頼方法は、こちらの戸籍謄本をご参照願います。
* 企業情報、個人情報は徹底的に管理、保護しお客様に安心したサービスを提供できるよう取り組んでいます。
「守秘義務契約書」を希望のお客様はおっしゃってください。

英語⇔スペイン語の翻訳につきましては、1ワード22円~で承っております。

スペイン語翻訳者の紹介

スペイン語翻訳者プロフィール  オスカル ランシエゴ

スペイン、サン・セバスティアン出身
ロンドンとニューヨークにて英語と金融を学んだ後、東京の日本語学校にて日本語課程を修了。
その後日本企業や語学スクール等でスペイン語と英語の講師をしながら、1991年頃からフリーランスとして翻訳を始めました。専門は自動車や機械関連のマニュアルです。日本の大手自動車会社のマニュアルを大量に翻訳した経験がございます。
2006年からは日本人の妻がアシスタントして翻訳業務に加わったことにより、それまでは英語からスペイン語への翻訳をメインとしていましたが、日本語からスペイン語への翻訳にも幅広く対応しています。スペイン語と日本語の両方のネイティブの力を合わせることによって、ネイティブにしかわからないような表現の翻訳も可能としております。

スペイン語翻訳者プロフィール 杉崎真佐喜

1966年生まれ 横浜市在住
大学でスペイン語を専攻後、翻訳会社、大手コンピューターメーカー、マレーシア国営企業に勤務。
企業への勤務を通してスペイン語、英語のIT関連、契約書などの法律文書などの数々の翻訳案件を手がけています。
2006年独立。現在はスペイン語と英語を駆使して、IT関連、契約書はもちろん、自動車、OA機器、HPのローカライズ、医療文献の翻訳を中心に活動中です。

スペイン語の翻訳実績

会社定款、契約書、論文、商品取扱説明書、機械操作マニュアル、ホームページ、行政の市民向けパンフレット、ビジネスレター、戸籍謄本、手紙、各種証明書(住民票、成績証明書、卒業証明書、婚姻届受理証明書)etc…

スペイン語の豆知識

■文字表記

 ローマ字を用い、適宜アクセント記号や特殊文字ñを交えて表記します。

■標準語と方言、他言語との関係

 本来はスペインの言語ですが、中南米のスペイン語人口が数で圧倒するようになったため、スペイン式と中南米式のスペイン語が規範としてほぼ両立しています。もっとも、差異は発音や一部の文法・語彙等に限られ、標準語は一つと考えられます。
 ポルトガル語ときわめて近く、互いに通訳なしで話せ、辞書なしで読める関係にあります。

■日本とのかかわり

 日本では1992年バルセロナ・オリンピック前からスペイン語人気が上向き始め、同じころからの在日南米人増加により、多くの自治体の行政サービスにスペイン語が取り入れられました。南米のサッカーやラテン音楽を通じてスペイン語文化に接する機会も増えました。

このページの上へ


翻訳サービス
翻訳言語
翻訳専門分野
Nanaka翻訳オフィスとは?