Nanaka翻訳オフィスHOME
価格表
翻訳の流れ・納期
翻訳のご依頼方法
よくいただくご質問
お客様の声
お取引実績
翻訳者紹介

韓国語翻訳

現役の研究者、韓国の大学で教鞭をとる翻訳者による最高の韓国語翻訳を。

当所の韓国語登録翻訳者には、韓国人翻訳者は日本語能力試験1級保持者、日本人翻訳者は韓国語能力検定6級(最上級)を保持し且つ韓国の大学で日本語を教えている、現役で教鞭をとっている最高の翻訳スタッフが揃っております。お客様が満足できる最高品質の韓国語翻訳をご提供いたします。どうぞお気軽にお問い合わせください。

韓国語は、
大韓民国、朝鮮民主主義人民共和国、中国東北部の一部等で7千万人以上が使用しています。同じ言語ですが、韓国では「韓国語」、北朝鮮では「朝鮮語」と呼ばれます。(日本で「ハングル」と呼ぶことがありますが、正確には言語名ではありません。)韓国の経済力や大衆文化のコンテンツ力により注目を集めています。

価格表 » 韓国語翻訳者の紹介 » 韓国語の翻訳実績 » 韓国語の豆知識 »

日本語⇔韓国語 翻訳価格表(税別)

大量の翻訳、定期的な翻訳依頼は割引に応じますので、お気軽にご相談ください。

翻訳分野 1文字 100文字
一般文書 6円 600円
コンピューター・IT 関連 10円 1,000円
機械・産業技術関連 10円 1,000円
金融・証券・経済関連 12円 1,200円
土木・建築関連 10円 1,000円
カタログ・広告文等 10円 1,000円
その他人文・社会科学系 10円 1,000円
その他自然科学系 10円 1,000円
法律・契約・特許関連 12円 1,200円
医療・薬品関連 12円 1,200円
* ミニマムチャージは5,250円になります。各種証明書は3,150円となります。
ただし韓国語の戸籍謄本(韓日訳)は字数に限らず一枚2,400円(税込み)~です。
* 翻訳証明書は無料で発行致します。
* 上記のお値段は韓国語ネイティブチェック込みのお値段です。
* 戸籍謄本の詳しい依頼方法は、こちらの戸籍謄本をご参照願います。
* 企業情報、個人情報は徹底的に管理、保護しお客様に安心したサービスを提供できるよう取り組んでいます。
「守秘義務契約書」を希望のお客様はおっしゃってください。

韓国語翻訳者の紹介

韓国語翻訳者プロフィール  匿名

 1998年に韓国に渡り、韓国人である夫や子供たちと共に韓国で生活しています。韓国語は韓国に来てから本格的に学び、2005年に韓国語能力試験6級を取得しました。教材を通して学ぶ韓国語はもちろんですが、現地での生活により韓国語の自然なニュアンスが身についています。また、IT企業や研究団地を中心とした企業の通訳を5年以上経験し、ビジネスにおける韓国語に接する機会にも恵まれております。
 日本において教育学部で国語教師の免許を取得しましたが、その背景を生かして、韓国の大学院で「外国語としての日本語教育」を専攻し、現在は韓国の大学において専任講師として教鞭をとっております。日本語の教材や韓日の文化に関する研究を進めながら、日本語のすばらしさを学生たちに伝えられるように努力する毎日です。

 翻訳に際しては、現在までの経験をフルに生かして、より正確で自然な日韓、韓日翻訳を心がけています。今後もよりよい翻訳ができるように、努力してまいります。

韓国語の翻訳実績

各種契約書(売買契約書、賃貸契約書、ライセンス締結契約書)、学術論文、学会発表資料、特許明細書、取扱説明書、ホームページ、ビジネスレター、ファンレター、戸籍謄本、除籍謄本、各種証明書(基本証明書、婚姻関係証明書、家族関係証明書、住民票、出生証明書、出生届、死亡届等)、会計監査報告書、判決文、印鑑証明書、ファンミーティングの台本、パンフレット、プレゼン資料 etc…

韓国語の豆知識

■文字表記

 韓国語の表記に用いるハングル文字は、15世紀に朝鮮国王が学者の委員会に作らせたもので、音韻学の知見を最大に活かした精巧なシステムです。19世紀まで書き言葉には漢文が選好され、ハングルの使用は限定的でしたが、20世紀に表記上の改良も加えられ、全面普及しました。
 韓国語には日本語並みに漢字起源の単語・熟語が多いですが、現行ではほぼすべてハングル表記し、わかりにくい場合だけカッコ内に漢字を併記します。北朝鮮では漢字を全廃しています。

■標準語と方言、他言語との関係

 語順や文法構造が日本語とほぼ同じため、日本語と韓国語の話し手は互いに最もネイティブ・レベル近くまで上達できる可能性があります。ただし日本語と韓国語の間に直接の親類関係はないとされています。
 南北でわずかに発音、仮名遣い、語彙等の差がありますが、互いの理解にほぼ支障はありません。

■日本とのかかわり

 日本では1988年ソウル・オリンピック前から韓国・朝鮮への関心が高まり始め、ハングルは駅や役所の公共掲示等ですっかりおなじみとなりました。2004年「冬のソナタ」ブーム以来、「韓流」大衆文化と韓国語学習熱は完全に日本に定着。もとより日韓の交流は盛んで、韓国は日本にとって第2の貿易相手国、在日外国人数でも韓国・朝鮮が2位を占めています。

このページの上へ


翻訳サービス
翻訳言語
翻訳専門分野
Nanaka翻訳オフィスとは?