Nanaka翻訳オフィスHOME
価格表
翻訳の流れ・納期
翻訳のご依頼方法
よくいただくご質問
お客様の声
お取引実績
翻訳者紹介

イタリア語翻訳

修士号取得者、日本語能力試験1級合格者のイタリア語ネイティブ翻訳者による最高品質のイタリア語翻訳をお届け致します。

当所のイタリア翻訳者は、イタリア語ネイティブ翻訳者は日本で修士号を取得し、日本語能力試験1級合格の翻訳者や、イタリアで十数年も通訳、翻訳に携わって翻訳実績も豊富な日本人イタリア語翻訳者など、有能な翻訳者が揃っております。論文、契約書、金融等の難易度の高い翻訳も、必要に応じ、図書館や各種データベースを利用してリサーチを丹念に行います。日本語からイタリア語への翻訳はイタリア語ネイティブチェックをつけて納品致します。このようにして出来上がった最高品質のイタリア語翻訳は、お客様の心に響くものとなることでしょう。一般文書から難易度の高い翻訳まで、どうぞお気軽にお問い合わせください。

イタリア語は、
イタリアやスイス南部等で約6千万人が使用しています。近代欧州文化がイタリアのルネサンスに端を発した経緯もあり、欧州では英独仏語に次ぐ重要な地位を占めています。芸術、料理、ファッション等で強い影響力を維持しています。

日本語→イタリア語翻訳料金 » イタリア語→日本語翻訳料金 » 英語⇔イタリア語翻訳について »
イタリア語翻訳者の紹介 » イタリア語の翻訳実績 » イタリア語の豆知識 »

大量の翻訳、定期的な翻訳依頼は割引に応じますので、お気軽にご相談ください。

日本語→イタリア語 翻訳価格表(税別)

翻訳分野 1文字 100文字
一般文書 9円 900円
コンピューター・IT 関連 12円 1,200円
機械・産業技術関連 12円 1,200円
金融・証券・経済関連 12円 1,200円
土木・建築関連 12円 1,200円
カタログ・広告文等 12円 1,200円
その他人文・社会科学系 14円 1,400円
その他自然科学系 14円 1,400円
法律・契約・特許関連 14円 1,400円
医療・薬品関連 14円 1,400円
* ミニマムチャージは5,250円になります。ただし、戸籍謄本のミニマムチャージは3,150円、
各種証明書は3,150円となります。
* 翻訳証明書は無料で発行致します。
* 上記のお値段はイタリア語ネイティブチェック込みのお値段です。
* 戸籍謄本の詳しい依頼方法は、こちらの戸籍謄本をご参照願います。

大量の翻訳、定期的な翻訳依頼は割引に応じますので、お気軽にご相談ください。

イタリア語→日本語 翻訳価格表(税別)

翻訳分野 1word 100word
一般文書 12円 1,200円
コンピューター・IT 関連 18円 1,800円
機械・産業技術関連 18円 1,800円
金融・証券・経済関連 18円 1,800円
土木・建築関連 18円 1,800円
カタログ・広告文等 18円 1,800円
その他人文・社会科学系 20円 2,000円
その他自然科学系 20円 2,000円
法律・契約・特許関連 22円 2,200円
医療・薬品関連 22円 2,200円
* ミニマムチャージは5,250円になります。ただし、戸籍謄本のミニマムチャージは3,150円、
各種証明書は3,150円となります。
* 翻訳証明書は無料で発行致します。
* 戸籍謄本の詳しい依頼方法は、こちらの戸籍謄本をご参照願います。
* 企業情報、個人情報は徹底的に管理、保護しお客様に安心したサービスを提供できるよう取り組んでいます。
「守秘義務契約書」を希望のお客様はおっしゃってください。

英語⇔イタリア語の翻訳につきましては、1ワード22円~で承っております。

イタリア語翻訳者の紹介

イタリア語翻訳者プロフィール V.S

日本の大学で修士号取得。日本語能力試験1級保持。今まで様々な翻訳をやらせていただきまして、特に社会科学の分野で経験を重ねてきました。服部まゆみさんの短編小説や漫画の日伊訳等を致しました。この経験を基に、自信と責任を持って、これからも翻訳させていただきたいと思っております。

イタリア語の翻訳実績

論文(人文系、社会科学系)、契約書、取扱説明書、マニュアル、入学願書、財務関連書類(賃借対照表)、化学系報告書、ホームページ、パンフレット、テープ起こし、ビジネスレター、戸籍謄本、手紙、各種証明書(住民票、成績証明書、卒業証明書)etc…

イタリア語の豆知識

■文字表記

 ローマ字を用い、適宜アクセント記号を加えて表記します。

■標準語と方言、他言語との関係

 ローマ帝国の言語だったラテン語から変化してできました。スペイン語・ポルトガル語とかなり近い関係にあり、フランス語とも近縁です。

■日本とのかかわり

 欧州文化を学ぶ一環として、多くの日本人がイタリア語に触れ、今も美術愛好家等の間で高い人気があります。

このページの上へ


翻訳サービス
翻訳言語
翻訳専門分野
Nanaka翻訳オフィスとは?